受注者(ゼネコン)発注者(ディベロッパー)消費者(マンション管理組合理事長)三者三様の現場経験が強みです。瑕疵・建築原価に強い一級建築士事務所
AMT


  TOP | SiteMap |お問い合わせ

 

ブログ

「都甲栄充の建築考」

株式会社AMT

Facebookページも宣伝

amtご 参 考

■ 日本建築学会

■ 日本マンション学会

■ (NPO法人)建築技術支援協会  PSATS(サーツ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 AMT建築の見積もり査定、建築監理、かし担保責任は、とこう

お知らせ

■日経BPケンプラッツ(2012年10月9日)のサイトに、弊社代表取締役の記事(構造スリット_2 漏水について)が掲載されました。 詳細はこちら・・・

■日経BPケンプラッツ(2012年10月1日)のサイトに、弊社代表取締役の記事(構造スリット_1)が掲載されました。
詳細はこちら・・・

■日経BPケンプラッツ(2012年7月3日)のサイトに、弊社代表取締役の記事が掲載されました。 詳細はこちら・・・

■マンション管理新聞(第849号)に、弊社代表取締役の取材記事が掲載されました。
(2011年8月) 詳細はこちら・・・


切手のいらない年賀状

2011年から始まり、マスコミでも取り上げられている「切手のいらない年賀状」運動。弊社でも応援しています。
よろしければご参加ください。
家にあるカードや手作りカードを作ってコミュニケーションを取ってはいかがでしょうか?
趣旨、使い方はこちらから・・・。

構造スリットによるトラブルについて

構造スリットによるトラブル1_水漏れ

H24年10月9日 日経ケンプラッツに【漏水原因の瑕疵どう補修、「構造スリット」問題(2)】を掲載しました。詳細はこちらから・・・。

スリット材がきちんと施工または補修された状態で大きな地震の合い建物にひびや壊れ等被害が生じれば納得できますが、それ以前の構造スリット不具合(瑕疵)により生じた被害に対して、安全面はもとより補修面に於いても誰が費用負担するか等の問題も生じます。

しかしながら素人や建築プロでもこの構造スリットに対しては、知識や経験が十分でないために、世の中に様々な不幸が生じているのではないかと危惧しています。

私はまず構造スリットの実態について少しでも御理解いただけることを願いつつ、今後は皆様方のさらなる知識や経験はもちろん情報の公開や交換により、どの工事業者様が施工しても合格点が取れるように切に希望します。


マンション管理組合の方が気を付けること

  1. 建物が1996年頃竣工か
  2. 構造図を調べて構造スリットが採用されているか
  3. (図面上)構造スリットが設置されている部位に表面上の目地(シーリング)があるか
  4. Bの目地周辺に異常なひびやコンクリートの欠けはないか
  5. 特に妻側外壁に直接面したスリットに絡むサッシュからの漏水が竣工が間もなくから発生していないか
  6. 特にマンション全体で漏水状況を把握している誰かがいるか
  7. Eの漏水履歴記録があるか
  8. 瑕疵担保・アフターサービス契約・品確法に係る時期(1・2・10年)の権利を有効に使えるように勉強しよう
  9. 最後に構造スリット瑕疵発見は非常に難しいので経験豊富(そんなにいないと思いますが)なプロの活用を強くお勧めします