受注者(ゼネコン)発注者(ディベロッパー)消費者(マンション管理組合理事長)三者三様の現場経験が強みです。瑕疵・建築原価に強い一級建築士事務所
AMT


  TOP | SiteMap |お問い合わせ

 

ブログ

「都甲栄充の建築考」

株式会社AMT

Facebookページも宣伝

amtご 参 考

■ 日本建築学会

■ 日本マンション学会

■ (NPO法人)建築技術支援協会  PSATS(サーツ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 AMT建築の見積もり査定、建築監理、かし担保責任は、とこう

WEB相談

1回のみ無料のWEB相談をいたしております。 建築の場合、現場を見なければわからないことが多く、一般的なご回答になるかと思いますが、あらかじめご了承のうえご相談ください。
お問い合わせはこちらから・・・

WEB相談

3.11東日本震災後、縁あって 仙台市 で復興支援をしてまいりました。
そこで感じていることを、別のサイトとしてアップしています。
よろしければご覧ください。
こちらから・・・。

切手のいらない年賀状

2011年から始まり、マスコミでも取り上げられている「切手のいらない年賀状」運動。弊社でも応援しています。
よろしければご参加ください。
家にあるカードや手作りカードを作ってコミュニケーションを取ってはいかがでしょうか?
趣旨、使い方はこちらから・・・。

AMTの求めるもの

特に金額については適正な価格かどうかわかりにくく、また、安いと思っても、その品質までも十分に保証されるかどうか、消費者には十分伝わっていることは少ないように思われます。

適正な価格と品質を守る

AMTは、適正な価格で品質の良い建築監理を推し進めていくなかで、特に「見積りの査定」を得意分野としてサービスの提供を始めました。
これからは少子高齢化社会を迎えるにあたり、従来のような壊しては作るフロー型の建物は環境の面からも効率が悪く、長く次世代まで大切に使えるストック型の建物として使うためのメンテナンスが必要です。

現場のノウハウを活かす

そこには建物を施工管理・工事監理をしてきた現場のノウハウが必要不可欠です。
マネジメント次第で建築の品質を守りながら、コストは削減できることも多くAMTのもっとも得意とするところです。

将来の豊かな生活のために

建物も人間も高齢化社会を迎えるにあたり、抑えられるところは抑え将来へ備えることが大切です。
AMTが一番強く願うことは、少子高齢化や不景気が叫ばれているこんな世の中だからこそ、誰でも建築に関して適正価格と品質を安心して得られるような、建物の価値を少しでも維持できるような社会にすることが一番望んでいます。



TOP   1  2  3  4  5   業務のご案内