受注者(ゼネコン)発注者(ディベロッパー)消費者(マンション管理組合理事長)三者三様の現場経験が強みです。瑕疵・建築原価に強い一級建築士事務所
AMT


  TOP | SiteMap |お問い合わせ

 

ブログ

「都甲栄充の建築考」

株式会社AMT

Facebookページも宣伝

amtご 参 考

■ 日本建築学会

■ 日本マンション学会

■ (NPO法人)建築技術支援協会  PSATS(サーツ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 AMT建築の見積もり査定、建築監理、かし担保責任は、とこう

お知らせ

■日経BPケンプラッツ(2012年10月9日)のサイトに、弊社代表取締役の記事(構造スリット_2 漏水について)が掲載されました。
☆ 詳細はこちら・・・

■日経BPケンプラッツ(2012年10月1日)のサイトに、弊社代表取締役の記事(構造スリット_1)が掲載されました。
詳細はこちら・・・

■日経BPケンプラッツ(2012年7月3日)のサイトに、弊社代表取締役の記事が掲載されました。
詳細はこちら・・・

■マンション管理新聞(第849号)に、弊社代表取締役の取材記事が掲載されました。
(2011年8月)
詳細はこちら・・・


切手のいらない年賀状

2011年から始まり、マスコミでも取り上げられている「切手のいらない年賀状」運動。弊社でも応援しています。
よろしければご参加ください。
家にあるカードや手作りカードを作ってコミュニケーションを取ってはいかがでしょうか?
趣旨、使い方はこちらから・・・。

AMTの目指すもの

1 建築にかかるトータルコストの削減

2 安心して暮らせる住環境の整備

3 品質のよい建築監理

 

建築は私たちの「生活」と非常に深いかかわりを持っているにもかかわらず、建築業界の古い体質・不透明性などにより、一般の人には分かりにくい「専門性の高い分野」の一つになっています。

特に金額については適正な価格かどうかわかりにくく、また「安い」と思ってもその品質が十分に保証されているかどうか、消費者が理解することはむずかしいのが現実です。

AMT一級建築士事務所では、適正な価格で品質のよい建築監理を推し進めていくなかで、特に「見積りの査定」を得意分野としてサービスの提供を始めました。

これからは少子高齢化社会を迎えるにあたり、従来のような壊しては作るフロー型の建物は環境の面からも効率が悪く、不況の長引く経済の中では時代にマッチしていません。

長く次世代まで大切に使えるストック型の建物として使うためには、街の環境づくりとともに建物のメンテナンスがとても大切です。

少子高齢化の弊害は人間だけに言えることではありません。 建物も高齢化を迎えます。
建築原価に精通し、瑕疵に強い一級建築士は、建物のトータルコストを下げ、豊かな生活環境の整備に貢献できます。

さらに住みよい街づくりに貢献し、高齢化社会へ向けて安心して住める住環境、任せられる環境を作るため、AMT一級建築士事務所の現場のノウハウをご活用ください。

 

※ 現場のノウハウが大切な理由 ※

建築現場は、3Kとも7Kとも呼ばれ若者から歓迎されない職種になりましたが、 
現場では、さまざまな環境の変化に対応しながら設計者の書いた
設計図書通りの建物を造っています。
「外部環境の変化に対応する技術」、「限られた予算の中で工夫する知恵」、「工程管理」など
さまざまな課題をクリアしながら、多くの業種の人たちと一緒に建物は造られています。
そういった知恵が詰まっているところが、現場です。
AMT一級建築事務所のもっとも大切にしているところは現場であり、
そこで培った「現場力」と「経験値」です。

株式会社AMT一級建築士事務所 代表取締役社長 都甲 栄充

<

大切にしていること   1  2  3  4  5   AMTの得意なこと