受注者(ゼネコン)発注者(ディベロッパー)消費者(マンション管理組合理事長)三者三様の現場経験が強みです。瑕疵・建築原価に強い一級建築士事務所
AMT


  TOP | SiteMap |お問い合わせ

 

ブログ

「都甲栄充の建築考」

株式会社AMT

Facebookページも宣伝

amtご 参 考

■ 日本建築学会

■ 日本マンション学会

■ (NPO法人)建築技術支援協会  PSATS(サーツ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 AMT建築の見積もり査定、建築監理、かし担保責任は、とこう

お知らせ

■日経BPケンプラッツ(2012年10月9日)のサイトに、弊社代表取締役の記事(構造スリット_2 漏水について)が掲載されました。
☆ 詳細はこちら・・・

■日経BPケンプラッツ(2012年10月1日)のサイトに、弊社代表取締役の記事(構造スリット_1)が掲載されました。
詳細はこちら・・・

■日経BPケンプラッツ(2012年7月3日)のサイトに、弊社代表取締役の記事が掲載されました。
詳細はこちら・・・

■マンション管理新聞(第849号)に、弊社代表取締役の取材記事が掲載されました。
(2011年8月)
詳細はこちら・・・


切手のいらない年賀状

2011年から始まり、マスコミでも取り上げられている「切手のいらない年賀状」運動。弊社でも応援しています。
よろしければご参加ください。
家にあるカードや手作りカードを作ってコミュニケーションを取ってはいかがでしょうか?
趣旨、使い方はこちらから・・・。

震災復興をとおして見えたこと

震災でダメージを受けた今回の補修と、通常の大規模修繕の補修は「根本的に大きく違う」

震災でダメージを受けた今回の補修と、通常の大規模修繕の補修は、根本的 に大きく違います。

それは、震災マンションでは「目に見えない躯体にダメージを受けている可能性」があり、通常の大規模修繕では「仕上げに関する工事がメイン」であるから です。

すなわち、「躯体にダメージがあるかないかで復旧工事の方法が大きく違ってくる」ということです。
まして、このような事態は非常にまれで、復旧工事の経験を持っている人はあまりいません。

大規模修繕を専門とする業者は、もともとは塗装業出身の業者が多く、震災復旧工事に関して「すべてお任せで いいのだろうか」、「後々問題が表面化することがないか」と危惧しています。

場当たり的な補修にならないように、安易な業者選択は注意が必要
です。
躯体の損傷がある場合、ゼネコンにいた監督は慣れていますが、塗装業等仕上工事出身の監督は少し心配で
す。
なぜなら、躯体のダメージも壁紙やタイルを張ったりするとパッと見には修繕がされているように素人目には見えても、躯体本体に何の補修もされていないので、小さな余震が続いた場合どうなるか、心配でたまりません。

しっかり、躯体までチェックして適切な工法で補修が完了しているか、現場で工事をチェックする必要があります。

※ 9月3日マンション管理新聞の取材を受けました。

工事の進め方について

工事の進め方についてです。

お目にかかったほとんどの方が(管理組合の理事長や理事、修繕委員会等の 役員様)「何をどうしてよいかわからない」とおっしゃっていました。

工事を滞りなく早く仕上げるためには、資材の調達にも気を配る必要がありま す。

例えば、「外壁のタイル」は「既存のタイル」を窯元に送り、色合わせをしてサンプルを焼いてもらい、OKを出して 補修分のタイルが焼きあがって手元に届くまでに2、3か月かかります。

手順を間違うと、焼き上がりまでの2、3か月がロスタイムとして、そのまま工期が延びてしまいます。
まして、昨今の不景気で窯元も減少し、反対に需要は震災や老朽化マンションの増加で増えています。
単価については、リューベに換算して計算してみることをお勧めします。

このような非常事態ですから多少高いのは致し方ないにしても、中にはとんでもない高値を提案してくるところもあ ります。実は、提案している本人もわかっていないケースが多いのです。

外壁に面するところは、事故につながりやすいことから、修繕は必須です。
調達だけ先に頼んでおいても別に問題はありません。

提出された価格が適正な価格なのかどうか、あるいはどのくらい発注すればよいかなど、わからないようでしたら お手伝いします。

是非、現場力のある専門家を活用し復興が早く進みますよう、お祈りしております。
毎週1、2回仙台へ行ってご支援しております。

何かご不明の点やご相談があれば、お気軽にご連絡ください。

建物の本当のダメージ

建物の本当のダメージは、表面からではわかりません。
仕上げ材の下では、想定外のダメージが隠れていることもあります。

仙台の地震では、3月11日の地震と4月7日の余震で両方向に大きく揺さぶら れ、その後も余震が続いていました。その結果、被害がさらに大きくなったところ もあるようです。

仙台でお手伝いしたマンションでは、実際部屋に入ってクロスや床材を剥いでみて、初めてその被害の大きさがわかったところもありました。

見た目からそこまでひどいとは思っていなかったので、急きょ工事関係者と構造設計の専門家や管理組合の方も 交えて、何度も修復方法について検討しました。

マンションで定期的に行われる大規模修繕は仕上げ工事ですが、震災では建物本体に大きなダメージがきていま す。

コンクリートの専門家や構造の専門家など、人材が豊富なゼネコンがこんな時は頼りになります。
それに、建物は人間と一緒で、健康優良児もいれば虚弱体質の建物もあります。 

   薬剤を注入    薬剤注入

それはもともとの土地の地盤によるものや、建てられた時の環境が大きく影響 している場合もあります。
想定外のダメージは、その修復に予定外の費用も当然かかってきます。

何もないことを祈りつつ、「このようなこともある」ということを、頭の隅に置いて おいてください。

追 記

仙台のマンション管理組合の理事長さんは、たまたまこのような大変な時に当たった人たちですが、本当に大変な 作業を責任感を持って活動されています。

あるマンションの理事長は、当初地震保険が半損だったため、保険金を入れても借入をしなくてはならず、震災後 バラバラになっている住民に連絡を取ったり、合意を取るのに「夜も眠れなかった」とおっしゃっていました。
しかも、 しょっちゅうマンションのことで仕事を抜け出さなくてはならないなど、相当な負担を抱えていらっしゃいました。

住民 決議の1週間前、地震保険が全損と認められ、工事費もその範囲でまかなえることがわかり、ほっとしていらっしゃ いました。

また別のマンションでは、理事長が住民のご高齢者の方に「マンションはみんなで修繕費用を分担するから、まだ いいんだよ」と、被災されたご自身のご両親の話を持ち出してお話しされていました。

なんだか胸がいっぱいの出会いがたくさんあります。