受注者(ゼネコン)発注者(ディベロッパー)消費者(マンション管理組合理事長)三者三様の現場経験が強みです。瑕疵・建築原価に強い一級建築士事務所
AMT


  TOP | SiteMap |お問い合わせ

 

ブログ

「都甲栄充の建築考」

株式会社AMT

Facebookページも宣伝

amtご 参 考

■ 日本建築学会

■ 日本マンション学会

■ (NPO法人)建築技術支援協会  PSATS(サーツ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 AMT建築の見積もり査定、建築監理、かし担保責任は、とこう

お知らせ

■日経BPケンプラッツ(2012年10月9日)のサイトに、弊社代表取締役の記事(構造スリット_2 漏水について)が掲載されました。
☆ 詳細はこちら・・・

■日経BPケンプラッツ(2012年10月1日)のサイトに、弊社代表取締役の記事(構造スリット_1)が掲載されました。
詳細はこちら・・・

■日経BPケンプラッツ(2012年7月3日)のサイトに、弊社代表取締役の記事が掲載されました。
詳細はこちら・・・

■マンション管理新聞(第849号)に、弊社代表取締役の取材記事が掲載されました。
(2011年8月)
詳細はこちら・・・

切手のいらない年賀状

2011年から始まり、マスコミでも取り上げられている「切手のいらない年賀状」運動。弊社でも応援しています。
よろしければご参加ください。
家にあるカードや手作りカードを作ってコミュニケーションを取ってはいかがでしょうか?
趣旨、使い方はこちらから・・・。

震災復興をとおして見えたこと

ピンチはチャンス

H23年3月11日 東日本大震災発生後の4月末より何かの縁があり、仙台市内にて震災復旧に関与してから約1年半が経過しました。

被災地域での、瑕疵の疑いあるマンションの調査・震災復旧・大規模修繕工事や地震保険再鑑定等、私自身にとっても初めての経験でしたが「何とか皆様の復旧に少しでもお役に立てば」との思いから、この1年半で約100回仙台に足を運びました。

「ピンチはチャンスである」との言葉どおり、私自身さまざまな発見もしました。

具体的には大地震による震災復旧工事の特徴と通常の大規模修繕工事との比較、地震保険の仕組みや実体での疑問点、コンクリート強度不足の疑い発見、隠れた重大瑕疵「構造スリット」の実体です。

たまたま今回の大地震により上記のさまざまな発見ができましたが、大なり小なり全国のマンションにも現実に起こっているあるいはおこりうる事だと痛感しています。

地震保険の仕組みと実体の疑問点

保険金をかけているマンションではその査定の結果によって大きく財政状態が変わってきます。

端的に申しますと、復旧修繕金が足りなければ「管理組合の区分所有者各人が不足分を持ち出しするか」、あるいは「管理組合で金融機関から借り入れをするか」といった話になります。

地震保険鑑定結果による支給額は「一部損で5%」、「半損では50%」「全損で100%」であり、一部損と半損とで は実に10倍の違いがあります。

「全損」扱いはマンションでは数十件ということですので、ハードルは高い状況ですが、「一部損」から「半損」は丁寧に専門家が見ていくと、案外見つかるものです。

なぜなら、保険会社の鑑定人は現場の損傷具合を表面から「見る」、管理組合では何とか10倍にしたいと「見つけ ようとする」視点の違いから、現場に強い目利き人であれば「一部損」から「半損」にすることはそんなに難しいものではありません。 (中には、本当に難しい場合もあるとは思いますが)

仙台では査定の結果を不服とする人たちが裁判をするという話も聞きましたが、時間をかけて争うより現場に強い専門家を上手に使って「見つける」方が得策のような気がします。

※ マンション管理新聞(第849号)2011年8月15.25日版に、取材された記事が掲載されました。
 詳細はこちらから・・・

※日経BPケンプラッツ(2012年7月3日)のサイトに、弊社代表取締役の記事が掲載されました。
 詳細はこちら・・・

隠れた重大瑕疵「構造スリット」の実体

震災復旧工事のお手伝いをして、遭遇した構造スリットの問題。
かねてより、危惧していたことを目の当たりにしたことで、改めて怖さを発見しました。

また、この件は震災にかかわらず、ごく普通のマンションでもある問題です。
その症状は時に「水漏れ」「壁のひび割れ」として、何度修理しても繰り返し同じ現象を引き起こしています。原因追究と解決法について、続きはこちらから・・・

※※日経BPケンプラッツ(2012年10月1日)のサイトに、弊社代表取締役の記事が掲載されました。
詳細はこちらから・・・

お問い合わせはこちら・・・・・