受注者(ゼネコン)発注者(ディベロッパー)消費者(マンション管理組合理事長)三者三様の現場経験が強みです。瑕疵・建築原価に強い一級建築士事務所
AMT


  TOP | SiteMap |お問い合わせ

 

ブログ

「都甲栄充の建築考」

株式会社AMT

Facebookページも宣伝

amtご 参 考

■ 日本建築学会

■ 日本マンション学会

■ (NPO法人)建築技術支援協会  PSATS(サーツ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 AMT建築の見積もり査定、建築監理、かし担保責任は、とこう

お知らせ

■日経BPケンプラッツ(2012年10月9日)のサイトに、弊社代表取締役の記事(構造スリット_2 漏水について)が掲載されました。
☆ 詳細はこちら・・・

■日経BPケンプラッツ(2012年10月1日)のサイトに、弊社代表取締役の記事(構造スリット_1)が掲載されました。
詳細はこちら・・・

■日経BPケンプラッツ(2012年7月3日)のサイトに、弊社代表取締役の記事が掲載されました。
詳細はこちら・・・

■マンション管理新聞(第849号)に、弊社代表取締役の取材記事が掲載されました。
(2011年8月)
詳細はこちら・・・


切手のいらない年賀状

2011年から始まり、マスコミでも取り上げられている「切手のいらない年賀状」運動。弊社でも応援しています。
よろしければご参加ください。
家にあるカードや手作りカードを作ってコミュニケーションを取ってはいかがでしょうか?
趣旨、使い方はこちらから・・・。

よくある質問 

建築は「衣・食・住」の中での住生活と非常に関わり合いが深いにも関わらず、一般の人にはわかりにくい専門性の高い分野の一つであります。
特に、工事に関する金額については適正な価格なのかがわかりにくく、また、安いからといって決して消費者が期待したとおりの結果になるとも限りません。

Q1. 業者から提出された大規模修繕など、工事費に関する見積りの比較

大規模修繕は各マンション管理組合が管理会社の主導のもとに計画的に準備をして取り組まれる事が多いのですが、提出された各業者の見積りは書式や項目が異なることから、管理組合の役員さんなど一般の方にはわかりにくいのが通常です。
わかりやすくするための方法としては、以下の方法があります。

  1. 管理会社から提出される大規模修繕の計画案について、建物の現状をチェックし緊急性のあるものとそうでないものの区別をする。
  2. 管理会社に頼んで、当マンションの問題をクリアする内容の標準フォーマットを準備してもらう。
  3. 複数業者に相い見積を取る。(項目が同じため評価しやすい)
    各業者には、提案事項があれば書いてもらう。
  4. 提出された見積書の詳細内容を検討する。
  5. さまざまな角度から業者を選定し、工事を発注する。

当然のことながら、工事中、工事完了後のチェックも欠かせません。
是非、専門家の活用をお勧めします。

Q2. 建築監理はどうして必要なのですか?

建築監理という仕事は、いったいどんなことをするのでしょうか?
その仕事はひとことで言うと、オーケストラの指揮者のような役割をします。
オーケストラは、優秀な指揮者の元に優秀な演奏家が集まりいろいろな種類の楽器を心を一つにして演奏しなければいい演奏になりません。
一人ひとりのプレーヤーがいくら優秀であっても、それぞれが勝手気ままに演奏していたらどうでしょう。
きっと音のピッチも合わずテンポもあわず、気持ちの悪い音の響きが出来るでしょう。
建築も同じことです。 建築の場合多種多様の工事を担当する人たちがいます。

その人たちが、他の業種の人の進捗も考えずに自分の都合で仕事をしたら、とてもまともな建物にはならないことは容易に想像がつくでしょう。

今現在建築紛争が増えていますが、その紛争の多くはその仕事の手順が普通どおりに
行われていないこと、また、基本的な知識の欠如やチームワークの欠如にあると私は思っています。

建築監理はプロジェクトをまとめるための特別な知識と技術が必要になります。

Q3. 第三者機関に頼む必要性は?

信頼できる管理会社や、信頼できる業者、あるいは専門家がいれば問題はないと思います。
が、信頼関係を築けない場合や専門家がいない場合、第三者に依頼するメリットは「安心と保証を得られる点」にあると思います。
一見余分な費用を負担するように感じられるかもしれませんが、コスト、品質、スケジュール調整、瑕疵の早期発見等や、いろいろな人の意見を中立的に見てまとめることのできる第三者機関は、トータルコストとして考えてみると決して損をすることはありません。実際のところは、20年近くたち設備の大規模修繕を準備する頃、困って初めてご依頼される方が多いのが現状です。

ページトップへ

お問い合わせはこちら

;

 

amt_TOP