受注者(ゼネコン)発注者(ディベロッパー)消費者(マンション管理組合理事長)三者三様の現場経験が強みです。瑕疵・建築原価に強い一級建築士事務所
AMT


  TOP | SiteMap |お問い合わせ

 

ブログ

「都甲栄充の建築考」

株式会社AMT

Facebookページも宣伝

amtご 参 考

■ 日本建築学会

■ 日本マンション学会

■ (NPO法人)建築技術支援協会  PSATS(サーツ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 瑕疵に強い一級建築士、AMT建築の見積もり査定、建築監理、かし担保責任は、とこう

お知らせ

■日経BPケンプラッツ(2012年10月9日)のサイトに、弊社代表取締役の記事(構造スリット_2 漏水について)が掲載されました。
☆ 詳細はこちら・・・

■日経BPケンプラッツ(2012年10月1日)のサイトに、弊社代表取締役の記事(構造スリット_1)が掲載されました。
詳細はこちら・・・

■日経BPケンプラッツ(2012年7月3日)のサイトに、弊社代表取締役の記事が掲載されました。
詳細はこちら・・・

■マンション管理新聞(第849号)に、弊社代表取締役の取材記事が掲載されました。
(2011年8月)
詳細はこちら・・・


切手のいらない年賀状

2011年から始まり、マスコミでも取り上げられている「切手のいらない年賀状」運動。弊社でも応援しています。
よろしければご参加ください。
家にあるカードや手作りカードを作ってコミュニケーションを取ってはいかがでしょうか?
趣旨、使い方はこちらから・・・。

瑕疵(かし)について

建物に瑕疵(かし)が疑われるとき

経験上、一般の人が騒いでも個別対応では業者は聞く耳を持たないことが多く、なんだかんだといってごまかされることが多いのが実情です。まず、管理組合の理事長にも症状を伝え、他の専有部分に同様のトラブルがあるかどうかを調べます。 個別対応は避けて、「情報の一元管理」が大切。 
マンションは沢山の人が住む集合住宅。
例えば、おなじ縦の列に同様の症状が出ていれば、もしかしたら建物の躯体に深刻な問題があるかもしれません。いくらお金を払って管理会社に管理をお願いしていても、管理会社には建築監理のできる適切な人材がいないことも多い。

瑕疵(かし)かどうかの判断

瑕疵かどうかは、現場に精通した一級建築士に相談してみることをお勧めします。
「一級建築士」と一言でいっても、その専門分野はさまざまで、意匠や設計が得意な建築士に頼んでも目の前の症状が瑕疵かどうか判断できるかどうかわからない。

私の場合

三つの違う立場から建築に関わってきましたが、正直なところ消費者の立場は非常に弱く、組織と個人の差は専門家であっても、思った以上に大きいことを実感しました。
どうやって私が証明したかというと、疑わしいところを、関係者を集め目の前で壊し、みんなの目で確認しました。入居当時から不具合を訴え続けていたにもかかわらず、16年もたって壊して確認し初めて業者が認めた悪質なケースもありました。住民はわからないので、不調を訴えながらも 「ずっと我慢をしていた」 ということになります。

現場に強い一級建築士として

「建築」を職業として主に現場で働いてきましたが 「こんな社会でいいのだろうか」というのが、長年建築に携わってきた自分の正直な気持ちです。
出来るだけ多くの方へ、フィールドバックしたいと思います。
お手伝いが必要なとき、AMT一級建築士事務所までお問合せください。

 

瑕疵(かし)とは、

ある物に対し一般的に備わっていて当然の機能が備わっていないこと。
あるべき品質や性能が欠如していること。 欠陥(厳密には、瑕疵⊃欠陥の関係である。
瑕疵は不完全・ミス・誤謬・不足・不十分を指す、欠陥は安全に係る瑕疵を指す)。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


TOP   1  2  3  4  5  6  7   会社案内