受注者(ゼネコン)発注者(ディベロッパー)消費者(マンション管理組合理事長)三者三様の現場経験が強みです。瑕疵・建築原価に強い一級建築士事務所
AMT


  TOP | SiteMap |お問い合わせ

 

ブログ

「都甲栄充の建築考」

株式会社AMT

Facebookページも宣伝

amtご 参 考

■ 日本建築学会

■ 日本マンション学会

■ (NPO法人)建築技術支援協会  PSATS(サーツ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 AMT建築の見積もり査定、建築監理、かし担保責任は、とこう

お知らせ

■日経BPケンプラッツ(2012年10月9日)のサイトに、弊社代表取締役の記事(構造スリット_2 漏水について)が掲載されました。
☆ 詳細はこちら・・・

■日経BPケンプラッツ(2012年10月1日)のサイトに、弊社代表取締役の記事(構造スリット_1)が掲載されました。
詳細はこちら・・・

■日経BPケンプラッツ(2012年7月3日)のサイトに、弊社代表取締役の記事が掲載されました。
詳細はこちら・・・

■マンション管理新聞(第849号)に、弊社代表取締役の取材記事が掲載されました。
(2011年8月)
詳細はこちら・・・


切手のいらない年賀状

2011年から始まり、マスコミでも取り上げられている「切手のいらない年賀状」運動。弊社でも応援しています。
よろしければご参加ください。
家にあるカードや手作りカードを作ってコミュニケーションを取ってはいかがでしょうか?
趣旨、使い方はこちらから・・・。

マンション大規模修繕の留意点

マンション修繕金の十分な確保

マンションの修繕金は月々各戸から徴収される修繕金と、駐車場の代金というところが多く、少子高齢化で車離れの若い人が多いマンションでは駐車場に空きも目立ち、修繕金が将来不足することを懸念する管理組合も多い。修繕に関わる支出を知恵やノウハウでなるべく抑え、修繕金の留保に努めることが大切です。

毎年変わるマンション管理組合理事長の弊害

マンションの大規模修繕は管理会社が主導権を取り、数社の業者から合い見積りを取り、数年かけて管理会社が組合の合意を取りながら、手抜かりなく手順どおり進めているのが現状です。
複数年の合意形成には、管理組合の複数の理事長が関与し、「今年はここまでの合意完了」、「来年はここまで」、と毎年合意を取りながら進んでいきます。

気がつけば・・・

まだ補修するほど痛んでいないところまでも、「前年度決まったから」 と工事が始まっていたりします。
気がつけば、積み立てた修繕費のほとんどを1回目の大規模修繕で持っていかれる組合も・・・。(*_*;)
「2回目はどうなるのだろう?」と思わざるを得ません。

1回目の大規模修繕前にやること 〜私の提案〜

1回目の大規模修繕は、瑕疵担保責任の終了期間とほぼ合致します。
建物は、建てる時の環境等で必ずしも 「設計者の意図したとおりの仕上がり」 になっていないこともあります。
許容範囲の問題になりますが、瑕疵はこの時までにマンションを建てた当初の業者に修繕をしてもらっておきたい。(昨今は企業の倒産もあるので、早めに)
なぜなら、瑕疵だと知らないで他の業者が工事をしてしまうと責任問題が曖昧になるからです。
瑕疵を直してもらい、1回目の大規模修繕をする。
「瑕疵」 と 「経年劣化のメンテナンス」 をはっきり区別することで、建築にかかるコストの節約をします。

 

マンション建築監理   1  2  3  4  5  6  7   瑕疵について